Google検索は、最新のニュースを調べたリ、分からない単語の意味を調べたり、欲しいものを探しているときなど、私たちの生活に欠かせないツールとなっています。

最近はSNSの台頭により、InstagramやTwitterの利用も増えていますが、Google検索は依然トップの利用者数を誇っています。

Google検索は、あらゆる事業者にとって、ブランド認知や販促効果、売上アップに繋がる重要なサービスのひとつです。

参入障壁の低いWeb業界では、単に優良な商品・サービスを保有しているからといって、検索上位を確保することは非常に難しくなっています。これは、Googleの検索エンジンが、高度なAIによって制御されていることがひとつの要因です。

Googleでは、増え続ける情報(Webサイト)を効率よく整理するため、2012年に「パンダアップデート」と呼ばれる、大規模な検索アルゴリズムの更新を行いました。このアップデート以降、インターネット上の多くの情報が、AIによって機械的に制御されるようになったのです。

2020年に話を戻しましょう。現在のGoogleが保有する検索エンジンは非常に高度化しており、一説にはGoogleの技術者でさえAIの動きを完全にコントロールできていないとさえいわれています。高度に自動化されたインターネットで自社サービスをアピールするためには、SEOと呼ばれる専門知識が必須になっています。

SEOの専門家は、Googleの検索エンジンに評価されやすいWebサイトやコンテンツ(記事)の作り方、運用手法を保有しています。現在、Googleで検索したキーワードの上位20位以内は、全てSEOの専門知識を活用し作成されたコンテンツです。

インターネット検索を活用して売上アップを目指す事業者にとって、SEO対策は必須です。

一方で企業の担当者からは、

「大手企業しか上位表示されないのでは?」

「すでに検索上位に競合がいるから、対策しても無理」

「専門の知識を持った社員がいない…」

という悩みの声をよく聞きます。

そこで頼りにして欲しいのが、検索上位化の経験・知識を保有する、SEOコンサルタントです。

でも、ちょっと待ってください!

実は、自社のWeb担当者でも簡単に行えるSEO対策が数多くあります。SEO施策を行う広告代理店やSEOコンサルタントが企業から依頼を受け、最初に取り組むのは専門知識をほとんど必要としない簡単な作業なのです。

本コンテンツでは、GoogleとSEOの予備知識と、取り組み方をご紹介します。インハウスSEOにこれから取り組む方など、ぜひ、参考にしてみてください。

今回、お伝えしたい内容を厳選ししましたが、それでも結構なボリュームがあります。ざっと目次に目を通していただき、興味がありそうな項目から順に目を通してみてください。

本内容含めた、より高度なSEO対策、外部委託を検討されている方は、巻末に記載されたEmailアドレスまで、お気軽にご相談ください。

本ページでは、SEOについての基礎知識から、比較的簡単に行える対策をご紹介しました。御社自身で取り組めるSEO対策が、ひとつでも見つかれば幸いです。

執筆にあたり、2020年1月末時点での検索エンジン、SEOの最新情報を加味した内容となっております。現在、検索エンジンのアップデートの頻度が上がっており、SEO対策も日々アップデートしております。本内容も随時更新してまいりますが、必ずしも対策が功を奏する訳ではない点をご承知おきください。

また、本内容についてのお問い合わせは、筆者の業務の都合により、基本的に受け付けておりません。当社へのSEO依頼を検討されている事業者様につきましては、メッセージより随時返信させていただきます。

今後、SEO対策はあらゆるビジネスにおいて、より重要となります。

一方で、SEOからPPC広告に移行すべき。そう語る広告代理店の噂も耳にします。本来、PPC広告はSEOの代替ではありません。PPC広告広告は広く浅いユーザーに対し訴求するのに対し、SEOは顕在化したニーズを満たすために必要な対策だからです。

今、あらゆる業態の企業が必死にWeb上での影響力拡大に努めています。

地方の企業・オウンドメディアはまだまだこれからです。詳細は割愛しますが、Googleの検索順位にも先行者権利が存在します。上位枠を完全に固められた後では、どの専門家をもってしても非常に対策が難しくなります。

Web活用を検討されている事業者は、少しでも早くSEO対策を取り入れることを強くおすすめいたします。

SEO対策のお問い合わせはこちら

050-5307-2811 (受付時間 平日9:00~18:00)